高濃度フラーレン

高濃度フラーレン&ビタミンC誘導体APPS&ビタミンE誘導体TPNa

「結果を出す!」を目的に作られた
ビタミンC誘導体の最高峰APPSや美容家たちが大注目!
高濃度フラーレン、ビタミンC誘導体化粧品

フラーレンとは?働きや効能のまとめ

フラーレンとは
ノーベル化学賞を受賞している、世界的にも注目の成分
紫外線防御老化防止などの効果が期待できる成分が含まれ、
なんと!ダイヤモンドと同じ炭素同素体で形は小さなサッカーボールのようです。
老化原因でもある活性酸素をスポンジのように吸い取ってくれる働きがあります。
さらに、ビタミンCの172倍もの抗酸化作用プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用などを含んでおります。
フラーレンの高い抗酸化力による美容効果は
美白、エイジングケア、紫外線防御、 シワ、ニキビ、レーザーケアなど
数多くの効能を持ちます。
芸能人も愛用のシークレットコスメ フラーレン&ビタミンC誘導体 口コミが凄い!

フラーレン化粧品を選ぶ
フラーレン化粧品選びのポイントとしましては、
【フラーレン配合化粧品ロゴマーク】のあるものをお選びください。
フラーレンには種類があり、配合されているフラーレンによって表示されているロゴマークが異なります。
【水溶性フラーレン】【油溶性フラーレン】【両性】の3種類が存在します。
配合されている化粧品のうち、フラーレンの配合量が全体の1%以上のものには上記のロゴマークが表示されています。
実際に肌へのアプローチの高い配合量を満たしているかの基準となります。
配合と表記されていても、肌への働きが期待できないほど少量しか配合されていない化粧品もあるので、配合化粧品を選ぶときにはマークチェックしましょう。
さらにフラーレンは、その他美容成分を同時に取り入れることで、より効果が期待できます。

おすすめ成分の一例としては、
【ビタミンC誘導体】【アスタキサンチン】【イソフラボン】
【カミツレ花エキス】【エラグ酸】【ヒアルロン酸】
などがあります。
また、その組み合わせによって期待できる効果も広がります。
【ビタミンC誘導体】【アスタキサンチン】【イソフラボン】などはエイジングケア、【カツミレ花エキス】【エラグ酸】などは美白、
【ヒアルロン酸】は保湿等々の 効果が期待できます。
中でも相性が良いのが【ビタミンC誘導体】です。
ビタミンC誘導体は、エイジングケアや、美白効果もあるため、フラーレンと一緒に取り入れることで、より美容効果へのアプローチができます。
ビタミンC誘導体にも【水溶性】【油溶性】【両性】がありますが、特に両方の働きを持つ【両性】がおすすめです。
代表的成分が【APPS】(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)です。
APPSはビタミンC誘導体の一種です。
一般的なビタミンCよりも、数百倍の浸透力があると言われております。

実は「酸化」「熱」に弱い…ビタミンC誘導体のメカニズム
ビタミンCはもともと不安定で酸化しやすく、紫外線や熱によってすぐに壊れてしまうので、化粧品に配合するときは、安定性を高めたビタミンC誘導体という物質にしています。
ビタミンC誘導体は、肌に塗布すると酵素によって分解され、そこで初めてビタミンCへと変換されます。
しかし、ビタミンCに変換された瞬間から「酸化しやすい物質に変化」してしまうので、ビタミンC誘導体を肌まで届けることができても、ビタミンCに変わったタイミングで再び壊れやすい物質になってしまうという欠点があるのです。
フラーレンは「ビタミンC誘導体の酸化」を防ぐ働きがあります。
APPS×フラーレン両方が入った化粧品でエイジングケアを!
高濃度フラーレン配合!アットコスメでも高評価!ビタミンC誘導体も配合。